TOP > マコモタケ
マコモタケ 1箱10本入り


マコモタケは、イネ科マコモ属・多年草の水生植物で中国・東南アジアが原産地です。
「マコモタケ」は、よく河原などに植わっているマコモタケと同じに思われるのですが、ちょっと違います。
5月下旬頃に水を張った水田に、1屬1本程度定植した後、水稲と同じような管理をすると、その若茎が黒穂菌(くろほきん)によって肥大生育し、秋の収穫時になると草丈 が、1.5メートルから2メートルほどになり、、株のところが5〜20センチほどに大きくなり、「マコモタケ」とよばれように成長します。

愛媛県の玉川町(たまがわちょう)龍岡(りゅうおか)地区の活性化協議会では、 平成14年より、「マコモタケ」の栽培に取り組んできました。 龍岡地区は、高齢化が進んだ過疎の地区ではありますが、 暮らしの達人たちがたくさんいます。 生きてる間は、みんな現役!!そんなみんながお届けします。 「マコモタケ」は、何の食材にも相性がよく、主役を引き立てます。 それでいて、自分の存在もしっかり主張します。 言わば名脇役のような 食材です。どうぞ、あなたも1度お試しください。 きっと気に入っていただけると思います。
収穫は、植える所によって当然差がありますが、9月中旬から11月の霜が降りる頃までです。つまり寒さには弱いのです。
今龍岡地区では若干大小の差はありますが、1株当たり15・6本くらい収穫できます。

マコモタケ 1箱10本入り
商品について マコモタケは、イネ科マコモ属・多年草の水生植物で中国・東南アジアが原産地です。
内容量 1箱10本
販売時期 9月中旬〜11月の霜が降りる頃まで





(C) 2013 Mori no Tomodachi Nouen